病院での公正証書遺言の作成

May 24, 2019

 

 

以前から準備を進めていた公正証書遺言の作成を、今週予定していました。

 

当日の朝、ご依頼者様のご家族より突然電話があり、ご依頼者様が容体急変して緊急搬送されたとのこと!

 

とても緊張し、頭の中では様々な思いが駆け巡りました。

しかし、どうすることもできません。

取り急ぎ公証人と、証人を依頼していた行政書士の先生に連絡をとり、事情説明と遺言作成の延期をお願いしました。

 

お昼近い時間に再度ご家族から電話があり、ご依頼者様が意識を取り戻し体調も戻ったとのこと。

急いで公証人と証人先生に連絡を入れ、何とか当日病院で公正証書遺言を作成することができました。

 

 

ご協力を頂いた公証人と証人に感謝をしつつ、ご依頼人の思いを遺言に残せたことに、大きな安堵を感じた瞬間でした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

法の目的を理解するため、まずは第1条の法文を確認してみましょう。

「(第1条)この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制...

風俗営業適正化法とは(風営法①)

December 6, 2018

1/10
Please reload

最新記事

December 20, 2019

December 14, 2019

Please reload

アーカイブ