August 26, 2019

August 3, 2019

Please reload

最新記事

法の目的を理解するため、まずは第1条の法文を確認してみましょう。

「(第1条)この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制...

風俗営業適正化法とは(風営法①)

December 6, 2018

1/10
Please reload

特集記事

勉強会 「国際相続」

March 20, 2018

 

 

 

 

提携先の<優オフィスグループ>の勉強会が、3月17日に田町にて開催されました。

 

<優オフィスグループ>とは、行政書士の東 優 先生が主催する、遺言・相続業務を中心とした、行政書士、税理士、司法書士等をメンバーとする士業のネットワークです。

 

年6回ほど(東京3回、名古屋3回)会員対象の勉強会が開催されていますが、私は昨年8月からの参加のため、今回は2回目の参加でした。

 

前回の勉強会は昨年の11月の開催で、テーマは「中小企業の事業承継の基礎知識」。

講師は税理士の早河英太先生でした。

 

 

 

今回は「在日外国籍者の相続業務」と題して、愛知会の行政書士キム・ウニョン先生が、ご自身の多くの実務経験をもとに、詳しく、そして分かり易くお話しくださいました。

 

 

私自身は現在ほとんど、国際相続業務に縁がありません。

それゆえあまり知識がない世界の話で、逆に新鮮で楽しく受講することができました。

 

 

昨今、中国をはじめとする海外の方の進出が盛んで、都市部では不動産の購入も多くなされているようです。

10年、20年の後には、在日外国籍の方々の相続は、想像もつかないほど増えている可能性があります。

 

相続人の居住地によって、日本の民法、母国の相続法が複雑に絡み合う相続と、それを回避するための遺言のポイントなど、興味深いお話を聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア