東大 市民後見人講座を終えて

March 7, 2018

10/14の初日から2/24の修了式まで、東大の構内は見事に季節の移り変わりを楽しませてくれました。

植物好きの私としては、壮大な樹木ショーを見ているような気がして、植物の変化を楽しんで見ていました。

そんな半年の季節の移り変わりを、時系列にご紹介したいと思います。

 

 

 

<2017/10/14・15>

 

まだ銀杏の葉は緑色でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<2017/11/4・5>

 

少し色づき始めました。(安田講堂を背景に)

 

 

 

 

 

<2017/11/18・19>

 

だいぶ色づいてきました。

 

 

 

 

<2017/12/2・3>

 

紅葉真っ盛り。

三四郎池もにぎやかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<2018/1/27・28>

 

大雪の後には雪だるま(安田講堂前の広場)。

そして銀杏もすっかり落葉しました。

 

 

 

 

 

 

<2018/2/24>

 

修了式。

足掛け5カ月の学びの日々でした。

 

 

 

 

 

おまけ>

 

修了式が行われた弥生講堂は、農学部のキャンパスにあります。

そこにはあの「ハチ公」が、上野先生と嬉しそうに戯れる銅像があります。

 

ハチと先生の嬉しそうな顔を見ると、思わず「ハチ、先生に会えてよかったね!」と声をかけたくなります。

 

 

 

 

 

(おいまい。)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

法の目的を理解するため、まずは第1条の法文を確認してみましょう。

「(第1条)この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制...

風俗営業適正化法とは(風営法①)

December 6, 2018

1/10
Please reload

最新記事

December 20, 2019

December 14, 2019