August 26, 2019

August 3, 2019

Please reload

最新記事

法の目的を理解するため、まずは第1条の法文を確認してみましょう。

「(第1条)この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制...

風俗営業適正化法とは(風営法①)

December 6, 2018

1/10
Please reload

特集記事

風俗営業許可に関する業務講習会

November 21, 2017

 

 

本日で、4日連続の講習会参加です。

 

18・19日が東京、20日は沼津、そして本日は静岡。

移動の距離も長く、電車に乗りすぎて腰痛がぶり返しそうに・・・。

 

でも往復の時間を利用して、たっぷり本を読むことができるので、前向きに考えることにしています。

 

 

本日の講習会は2部構成でした。

 

第1部は、県警本部警部補 増田様により、「風俗営業許可について」という題目でお話がありました。

昨日も県警本部の刑事さんが講師をしてくださいましたが、昨日の刑事さんとは雰囲気が全く違います。

さすが警察は人材が豊富だなと感心するとともに、役割・業務により要求されるものが違うのだなと実感しました。

 

本年中にあった条例・制令の改正を中心に、県警本部の立場から分かり易く解説くださいました。

用途地域の1種類増設の事ですとか、パチンコの出玉規制の事、それと手数料に関すること等をお話しいただき、中でもパチンコの出玉規制については特に熱く語ってられたような気がいたしました。 笑

 

 

 

第2部では、静岡支部の西村光二先生による「風俗第1号営業(社交飲食店9許可申請手続きについて」のお話でした。

豊富な経験をもとに、具体的に実務を解説下さいました。

 

 

 

 

警察の方の印象の違いを先ほど書きましたが、私たち行政書士も業務によって、雰囲気が全く違ってくるようです。

 

西村先生はぱっと見の派手な印象から、玄人筋(?)の方と見まがうほどです。

知らずに外でお会いしたら、私などはきっと、気づかれないように距離を取りたくなるような、そんな強面の印象です。

 

体つきやお顔、ファッションに至るまで、とにかく派手です。

 

 

講義のほうは、あふれる汗を拭きながら、とても情熱あふれるものでした。

今後の業務に、とても参考になりました。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア