不当要求防止責任者 講習会

November 20, 2017

 

 

静岡県行政書士会の呼びかけの、「不当要求防止責任者 講習」に参加しました。

 

 

 

講師は県警本部刑事部の現職の刑事さんと、(公財)静岡県暴力追放運動推進センターに所属される警察OBの方の2名でした。

普段のお仕事柄か、さすがに迫力のある刑事さんとOBさんでした。

 

 

 

県内の反社会的勢力の情勢について、勢力・構造・特性・抗争といった観点から、お話をお伺いしました。

また「暴力団対策法」や県の「暴力団排除条例」を詳しく、運用を含めてご説明くださいました。

一連の講義の後はDVDを鑑賞して、より具体的に立体学習をして、理解を深めることができました。

 

中でも「暴力団排除条項」を契約書に盛り込むこと、そして「反社会的勢力ではないこと等に関する表明・確約書」を用意することの重要性を、強く感じました。

また何より毅然とした態度が重要であると、繰り返し仰っておられた事が印象に残りました。

 

 

 

講習の第3部はロールプレイングが用意され、雰囲気に至るまでの理解を得ることができました。

 

指名を受けた行政書士の2名の先生が、交代に別々のロールプレイングを行いました。

双方迫真の演技の応酬に、吸い込まれるかのように見入ってしまいました。

現実のやり取りはもっとハードでしょうが、とても参考になりました。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

法の目的を理解するため、まずは第1条の法文を確認してみましょう。

「(第1条)この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制...

風俗営業適正化法とは(風営法①)

December 6, 2018

1/10
Please reload

最新記事

December 20, 2019

December 14, 2019