• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

2021年 仕事始め




2021年の仕事始めは、1月4日でした。


あらためまして、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。


仕事始めの最初の業務は、昨年末にご依頼頂いた旅館業許可申請でした。

まだ正月気分の抜けきらない中、熱海保健所を訪ねました。




さて冒頭の写真は、当事務所のバルコニーより、大島から昇る初日の出を撮影したものです。

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、私も厳かな気持ちで本年の決意を誓いました。



2日は近所の神祇大社へ、恒例の初詣に参りました。

この日は天気が良かったので、散歩がてら2km強の道のりを歩いて向かいました。


途中の遠笠山道路沿いに、「チェリーロード」と呼ばれる歩道があります。

1km近くに渡って、早咲きの小室桜が植えてあります。

この日も桜の木を見上げると、もうちらほら花が咲き始めていました。

今月下旬には、満開を迎える事と思います。





有名な河津桜が咲くのは、小室桜の後になります。

伊豆高原はこれから4月まで、桜の咲き乱れる素晴らしい季節になります。


そんな素晴らしい季節を前にして、コロナの広がりを考えると、心がスッキリ晴れません。

緊急事態宣言も再発出されて、不安が募ります。

一刻も早い終息を祈るばかりです。




17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用