• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

2人世帯に潜む不安

2人世帯に潜む不安、それは将来の単身世帯候補である事です。


高齢化社会を迎え、現代では単身世帯や夫婦だけの2人世帯が年々増えて来ています。

この傾向は都会に限らず、地方にあっても同様に増加傾向にあります。

また都会では近所付き合いも希薄になる傾向があり、周りに頼れる人間関係が構築できていないケーズも散見されます。



しかし一概に2人世帯と言っても、子供が近所に住んでいて別々に家を構えている場合であれば、通常は心配無用かと思われます。

また子供は遠方に住んでいても、ご兄弟やご親類が近く住んでいるという場合も、不安の度合いは低くなるでしょう。

しかし近隣に、子供や頼るべき親類縁者がいない場合には、元気なうちに何かしらの対策を考えておく必要があります。


ご夫婦が健康で相補い合えるうちは、何の不安も感じないかもしれません。

しかし配偶者にもしもの事があった時、途端に様々な心配や不都合が生じる可能性が高まります。

それは大きい確率で、起こり得ることです。


そんな時に途方に暮れないために、現在どんな手を打っておけるのか?

そんなことを考えておくと、今目の前にはどのような課題があって、その課題に対してどのような対策や選択肢があるのかが、はっきり見えてくるでしょう。

そのような分析を行い、不安の正体が分かれば、怖さは半減します。

<目の前の課題を洗い出し、対応を考える>と言うことは、取りも直さず、終活の究極の目的に他なりません。



これから先の人生を安心して過ごすため、気が付いたところから、終活を徐々に進めていくことがとても重要です。


先々に想定される問題点や不安をあぶり出し、一つずつ検討して対策を立てる。

自分一人ではどうしようもない事や、委任する必要がある事は、専門家や士業に相談をして具体的な対策を用意しておく。

そこまで対応できれば、安心でしょう。



「備えあれば患いなし」



手を打てることは、早めに不安の芽を摘んでしまうこと。

今後の人生を安心して明るく過ごすためには、それが重要なキーになります。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用

尊厳死宣言書を作る理由

「尊厳死宣言書」とは、どんな文書なのでしょうか? 完治する見込みのない病気などで、最期の瞬間が迫っているときなどに、過度な延命治療をせず自然な死を迎えたいという思いを、家族や医療関係者に伝えるための文書です。 法的拘束力はありませんが、例えば延命治療について自分と異なる意見を持つ家族がいる場合、公的な文書を残しておくことで明確な自分の思いを伝えることができます。 法的拘束力はないとは言え、本人の希

なぜ遺言を書いておいた方が良いのか

「子供がいない」とか、「前婚の相手との間に子供がいる」とか、「内縁関係のパートナーに財産を残したい」などの事情がある方は、真剣に対策を考え遺言の準備をしている事と思います。 しかし特別な事情がない人にとって、遺言は不要不急なツールなのでしょうか? 相続財産の大半が不動産だと言うケースは、一般にかなり多いと思います。そのような状況の時こそ、遺言を作成しておくことが、後の争いの回避関して大変有効になり