• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

遺言① ~遺言の種類~

最終更新: 3月2日




「遺言」の話題に接したときに、<重要な事>とは思っても、同時に<自分には関係ない>と考える方が多いのではないでしょうか。


「まだまだ元気だから(⇒もっと歳をとったら)」とか、「それほど財産が多くないから」とか、「子供たちは仲良くしているから」など、<今の自分に関係ない>と思える理由はいくらでもあり、現実感が湧かないというのが正直なところだと思います。

一方で「子供がいない」とか、「前婚の相手との間に子供がいる」とか、「内縁関係のパートナーに財産を残したい」などの事情がある方は、真剣に対策を考えている事とは思います…。


しかし特別な事情がない人にとっても、遺言は<関係のない事>とは言い切れません。

相続財産の大半が不動産である場合、分筆できない広さの土地や家屋などに関しては、どのように分けるのでしょうか?

また財産が少ないことも、不安の解消にはなりません。

家裁の統計(平成24年度)によると、遺産分割事件の財産額の実に75%が財産額5千万円以下です。

5千万円という財産額は、「自宅+預貯金」で直ぐに届いてしまいそうな金額です。

こうしてみると、決して<他人ごとではない>と言えそうですが、いかがでしょうか?



さて遺言の重要性をご理解いただいたところで、次に遺言の種類に話を進めます。



民法に定められた遺言の方式は、<普通方式>が3種類(民法967条)と、<特別方式>が4種類(民法976~979条)の合計7種類です。


<普通方式>には、「自筆遺言証書」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類あります。


<特別方式>は、更に「危急時遺言」と「隔絶地遺言」に分類されます。

「危急時遺言」には「一般危急時遺言」と「難船危急時遺言」があり、「隔絶地遺言」には「伝染病隔離者遺言」と「在船者遺言」があります。



今回は<普通方式>にフォーカスして、それぞれの概略をご説明いたします。



・「自筆証書遺言」

この方式のポイントは、「全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければ、その効力を生じない。」(民法968条①)と言う事です。

他の方式と違い、証人は不要です。

遺言の開封前には、家庭裁判所で<検認>と言う手続きを経る必要があります。



・「公正証書遺言」

公証役場において、①遺言者が遺言内容を公証人に口授(くじゅ;口頭で話すこと)した内容を公証人が筆記をし、②それを遺言者及び証人2名に示し、③遺言者及び証人2名が証人・署名・押印し、④最後に公証人が署名・押印するという手続きを踏みます。

公証人の手数料等の費用が発生し、内容が公証人と証人に知られてしまうという特徴があります。



・「秘密証書遺言」

遺言者自身が署名・押印して遺言書を封入し、遺言書に押印した印鑑を用いて封印をします。遺言書は自書する必要はなく、(本人が)ワープロで入力したものでも構いません。

これを公証人及び証人2人以上に示し、自分が書いたものであること並びに、筆者の氏名及び住所を申述します。

内容は完全に秘密にできますが、肝心の遺言書が様式不備で無効となる恐れがあります。




以上、普通方式の遺言を概観しましたが、この中で私が皆さんに強くお勧めしたいのが「公正証書遺言」です。

その理由はこのブログの中で、回を改めて順次ご説明いたします。


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用

尊厳死宣言書を作る理由

「尊厳死宣言書」とは、どんな文書なのでしょうか? 完治する見込みのない病気などで、最期の瞬間が迫っているときなどに、過度な延命治療をせず自然な死を迎えたいという思いを、家族や医療関係者に伝えるための文書です。 法的拘束力はありませんが、例えば延命治療について自分と異なる意見を持つ家族がいる場合、公的な文書を残しておくことで明確な自分の思いを伝えることができます。 法的拘束力はないとは言え、本人の希

なぜ遺言を書いておいた方が良いのか

「子供がいない」とか、「前婚の相手との間に子供がいる」とか、「内縁関係のパートナーに財産を残したい」などの事情がある方は、真剣に対策を考え遺言の準備をしている事と思います。 しかし特別な事情がない人にとって、遺言は不要不急なツールなのでしょうか? 相続財産の大半が不動産だと言うケースは、一般にかなり多いと思います。そのような状況の時こそ、遺言を作成しておくことが、後の争いの回避関して大変有効になり