• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

貸別荘(旅館業 簡易宿所営業) 申請立入検査 他

ご紹介

(写真はイメージです)



先週申請が受理された旅館業申請(簡易宿所営業)の立入検査を、本日の午前中に受けました。


依頼主様や保健所と何度も事前の打ち合わせを重ね、満を持しての立入検査でした。

今回の依頼主様は別荘経営のノウハウを大いにお持ちで、非常にスムーズに進めることができ、私としては大変助かりました。


最初に内見させていただいたときは普通の中古別荘といった感じでしたが、リフォーム工事や庭の造作工事が終了し家具が搬入された現在は、見違えるようなワクワクする空間に変わりました。

特に庭に関しては、伊豆高原の別荘地では珍しい、今風のおしゃれな庭園になっています。

伊豆高原ではイングリッシュガーデン風の庭造りを楽しんでいる方が多い中、遊び心が満載なグランピング場のような印象に仕上がっています。

もしオーナー様の許しをいただければ、是非このブログでもご紹介したいと思います。




さて今週も先週に引き続き、押せ押せの仕事に集中すべく、事務所にこもっておりました。

そのため逆に、昨日はまる1日、外の仕事を集中させました。




今月も伊東市役所無料相談会の当番を務め、午前中は市役所で市民の方のご相談を受けました。





相談会終了後のランチは、私のお気に入りのお店でいただきました。

こちらは週に4日の営業ということもあり、なかなか私のスケジュールと合わず、久しぶりの訪問となりました。

「大室高原 ひらまつ」というお店で、とても上品な雰囲気のお店です。


営業はランチのみなので、それが非常に残念なところです。

別荘地の少し奥まったところにあり、隠れ家的なお店です。

こちらのお店にいると時間が優雅に流れるように感じ、私はとてもリラックスした気分になれます。



ランチの後は、相続のご相談が入っていて、お客様のお宅に伺いました。

被相続人の方が未婚でお子様がおらず、親の代まで戸籍をたどる必要があり、手に負えないということでご相談を受けました。

ご相談の最後に、オリジナルのエンディングノート「わたしノート」を差し上げましたところ、非常に喜んでくださいました。



ご相談を終わらせ最後は事務所にて、ZOOMで事業復活支援金の事前確認をおこないました。

申請IDの取得が済んでいれば、事前確認は6/14まで可能です。

まだ事前確認を受けてない方は、締め切りが迫っていますので、早めにご予約ください。




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

直近のデータによると、相続税の申告者は全国で8%ほどです。 多くの方にとって、相続税は関係のない話ではあります。 しかし知識として知っておくことは、無駄ではありません。 今回は相続税対策の基本について、FPの立場から、簡単にご説明いたします。 相続税対策へ話を進める前に、「<争続>対策をぬかりなく」と申し上げておきます。 そのためには、遺言の作成を強力にお勧め致します。 遺言を作成し、ご自身の意思

今回の改正の中で、既に遺言を作成されている方にも、是非注目していただきたいポイントが2つあります。 その一つが、「配偶者居住権」です。 そしてもう一つが、「夫婦間の贈与等に関する優遇措置」です。 この2つに注目するのは、何故なのか? その訳は、<相続において配偶者に有利に働く>ためです。 順番に、詳しく説明をしていきます。 ◎「配偶者居住権」 (2020年4月1日施行) 相続が開始したときに被相続