• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

荷物の整理

いきなりですが、「遺品整理」という言葉をお聞きになったことは、おありでしょうか?


「遺品整理」とは、ご本人がお亡くなりになったあと、後に残された遺品を整理・処分することです。

伊東市内にも遺品整理専門の業者さんがいて、依頼すれば家族が手を煩わすことなく、きれいに片づけてくれます。

しかし手が掛からないと言うことは、取りも直さず、料金も相応にかかるということに他なりません。

私も業者さんに依頼して、空き家になった実家の整理をしたことがあります。

複数の業者さんに見積もりを出していただきましたが、どこも私が軽く考えていた以上の金額でした。(各社の料金はほぼ均衡していました。)

「単にゴミを捨てるだけのことに何故こんな大金を払うのか」、とやるせなくなったことを今でも覚えています。

もちろん作業後の家は見違え、荷物どころかチリ一つなく掃除も行き届き、大袈裟ですが新築の瞬間を思い出したほどでした。

お仕事の仕上がりには、大変満足いたしました。

単身世帯やご夫婦2人の世帯は言うまでもなく、お子様が遠方に住んでいる場合など、家具や衣服、生活雑貨等の整理を進めておかないと、のちのち大変な思いをすることは想像に難くありません。

それだけではなく、元気に暮らしている間も、家の中に所狭しと物があふれていては、落ち着いた気持ちで生活できなかったり、歩行や移動の障害にさえなっている可能性もあります。

言うまでもなく持ち物の整理は、「終活」の重要な項目の一つでもあります。


何度も申し上げて恐縮ですが、「終活」はより良く生きるために行うものです。

その考えに基づけば、不用品の整理は自分の手で、一日も早く行うことが正解です。

不用品が占めていたスペースが空き、思った以上に家の広さを感じることができるでしょう。

また廊下などで歩行の邪魔になっていた物がなくなり、快適な生活が戻ること請け合いです。

何より物の少ない家は、掃除も容易に済み、清潔に気持ちよく過ごせることと思います。

ただそうは思っていても、なかなか処分ができないのが人情です。

いざ捨てるとなると、惜しくなったり、そのうち必要になるかもしれないなど、なかなか踏ん切りがつかないのが、常であると思います。

そのような思いに対しては、割り切る事が重要です。

写真やアルバムはスキャナーでデータ化しておく、1シーズン着なかった服は捨てる、本は売りに行く、日記やノートは処分するなど、思い切って実行してしまえば、身軽になる気持ち良さを実感できるでしょう。

一方、気持ちの方は割り切れたとしても、面倒くさいと言う思いが、目の前に立ちふさがるかもしれません。

面倒くささと立ち向かうには、気の変わらないうち(なるべく午前中)に やってしまうとか、パートナーがいれば共同で作業するなど、工夫して乗り切ることをお勧めします。


すっかり忘れていた、自宅の広さと清潔さに、きっと満足することを保証します。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

相続税対策のあれこれ

直近のデータによると、相続税の申告者は全国で8%ほどです。 多くの方にとって、相続税は関係のない話ではあります。 しかし知識として知っておくことは、無駄ではありません。 今回は相続税対策の基本について、FPの立場から、簡単にご説明いたします。 相続税対策へ話を進める前に、「<争続>対策をぬかりなく」と申し上げておきます。 そのためには、遺言の作成を強力にお勧め致します。 遺言を作成し、ご自身の意思

自筆証書遺言の新しい利用法

今回の民法改正では、自筆証書遺言に関してポイントになる重要な改正がなされました。 次の2つが、それです。 ・自筆証書遺言の方式緩和(2019.01.13) ・自筆証書遺言保管制度(2020.07.10) それでは、一つずつ説明していきましょう。 ◎自筆証書遺言の方式緩和 遺言の形式については、民法に厳格に規定されており、その規定を逸脱する場合は無効になります。 従来の制度では、自筆証書遺言を作成す