• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

自筆証書遺言の新しい利用法

今回の民法改正では、自筆証書遺言に関してポイントになる重要な改正がなされました。

次の2つが、それです。

・自筆証書遺言の方式緩和(2019.01.13)

・自筆証書遺言保管制度(2020.07.10)

それでは、一つずつ説明していきましょう。

◎自筆証書遺言の方式緩和

遺言の形式については、民法に厳格に規定されており、その規定を逸脱する場合は無効になります。

従来の制度では、自筆証書遺言を作成するには、遺言書の全文を自書しなければ、要件不備で無効になっていました。

そのため、数十筆の土地や多くの建物などを所有していたり、銀行口座や証券会社の口座が数多くある場合など、すべてを自書することが非常に困難でした。また決して誤記入の許されない遺言にあって、多くの項目を自書するということは、それだけ間違いも起こりやすいという不安があります。

それが今回の民法改正により、自書によらない財産目録を、別紙として添付することができるようになりました。(2019.01.13)

パソコンで目録を作成するのはもちろんの事、不動産登記事項証明書のコピーや、通帳のコピーを添付することも可能です。

そして財産目録(別紙)には、全てのページに署名押印が必要です。

一見、手間のように感じますが、偽造の防止にもなります。

この目録作成については、行政書士などの専門かに依頼する方法もあります。

不動産の表記や金融機関の口座などは、慣れていない人には、取っつきにくく、間違えが起こる可能性もあります。

そしてそもそも財産の多い場合には、漏れも誤りも無いように、一つづつ確認して目録を作成することは、神経を使い非常に面倒な作業であると思います。

しかし専門家に任せてしまえば、安心できます。

目録を受け取ったら、前ページに自書捺印して完成です。

◎自筆証書遺言保管制度

自筆証書遺言はこれまで、遺言者自らが保管する必要がありました。

このため、遺言書が紛失、亡失する恐れがありました。また、相続人による遺言書の廃棄、隠匿、改ざんが行われる恐れもありました。

しかし法務局での補完制度が開始されれば、そのような不安もなくなり、自筆証書遺言の存在の把握も容易になります。

この自筆証書遺言保管制度の流れですが、遺言書、申請書、添付書類を用意して、遺言者本人が遺言書保管所に行って手続きを行います。

その際係官は遺言の方式の適合性審査をします。「方式の適合性」とは、署名、押印、日付の有無の事で、これらを外形的に確認するにとどまります。もちろん、内容についての相談は受け付けません。

そのためせっか保管所に保管していても、いざというときに無効の判断がなされる可能性もあります。

自筆証書遺言の作成の時にも、やはり専門家に相談しておくと安心でしょう。

遺言者の死亡後、相続人は全国の保管所において、遺言書が保管されているかどうかを調べることができます。

遺言書が保管されていた場合、その写しを請求したり、保管している保管所において遺言書の閲覧も可能です。

また、保管所に保管されている遺言書については、家庭裁判所での検認が不要になるというメリットもあります。

最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用

尊厳死宣言書を作る理由

「尊厳死宣言書」とは、どんな文書なのでしょうか? 完治する見込みのない病気などで、最期の瞬間が迫っているときなどに、過度な延命治療をせず自然な死を迎えたいという思いを、家族や医療関係者に伝えるための文書です。 法的拘束力はありませんが、例えば延命治療について自分と異なる意見を持つ家族がいる場合、公的な文書を残しておくことで明確な自分の思いを伝えることができます。 法的拘束力はないとは言え、本人の希

なぜ遺言を書いておいた方が良いのか

「子供がいない」とか、「前婚の相手との間に子供がいる」とか、「内縁関係のパートナーに財産を残したい」などの事情がある方は、真剣に対策を考え遺言の準備をしている事と思います。 しかし特別な事情がない人にとって、遺言は不要不急なツールなのでしょうか? 相続財産の大半が不動産だと言うケースは、一般にかなり多いと思います。そのような状況の時こそ、遺言を作成しておくことが、後の争いの回避関して大変有効になり