• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

終活は必要なのか?

最終更新: 3月2日



「自分には果たして本当に、終活が必要なのだろうか?」

そうお考えになる方も、多いと思います。

そんな疑問にお答えするため、今回は「終活が何に役立つのか?」と言うことについて、ご一緒に考えてみましょう。



現在どんなにしっかりしていても、認知症や重篤な病のリスクが、将来襲ってこないとは限りません。或いは子供との関係が疎遠になったり、そもそも子供がいないなど、誰しも心配事の一つや二つは、直ぐに思い浮かぶのではないでしょうか。


人間には例外なく老いが訪れ、そして誰も死を逃れることはできません。

今は元気で溌剌と活動していても、毎年確実に年齢を重ねていきます。

老後などまだ先の事だと放っておくと、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があります。


将来に関して心配すべきは、認知力だけではありません。体力や気力も、年を追うごとに低下していきます。

体が元気で精神的にもしっかりしているうちであれば、自分らしい考えができるでしょう。しかし能力・体力・気力が低下したときに、現在同様の自分らしい判断や対応ができるでしょうか?


例えば、次のような状況を想像してみてください。


・意思が表せなくなっても自分らしく暮らしたい。

・家族に余計な心配をかけたくない

・自分の死後、ペットの世話は誰がやるのか?

・亡くなった時には、この人には必ず連絡して(or連絡しないで)欲しい。

・自分らしい葬儀をあげてもらいたい。

・PCやスマートフォンのデータや写真の処分はどうなるのだろうか?


介護や身の回りの事、葬儀、お墓、医療、ペットの世話、それにパソコンや携帯電話に残るデータの処理など、気がかりな事を数え上げればキリがありません。


そしてここで重要なことは、これらは遺言ではカバーしきれないと言う事です。

そのため、終活を通して「気がかりな事」についての整理をし、自分らしく安らかに終焉を迎える準備をする必要があるのです。


つまり過去の人生を振り返るとともに、今後の人生に見え隠れする不安を整理する。

現在の状況を踏まえ、「将来の課題を見つけ、その対策を立てる。」

これこそが、「終活」に他なりません。



そして、どうせ「終活」をやるなら、楽しみながらやってしまおう!

それが私からの提案です!!

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用

尊厳死宣言書を作る理由

「尊厳死宣言書」とは、どんな文書なのでしょうか? 完治する見込みのない病気などで、最期の瞬間が迫っているときなどに、過度な延命治療をせず自然な死を迎えたいという思いを、家族や医療関係者に伝えるための文書です。 法的拘束力はありませんが、例えば延命治療について自分と異なる意見を持つ家族がいる場合、公的な文書を残しておくことで明確な自分の思いを伝えることができます。 法的拘束力はないとは言え、本人の希

なぜ遺言を書いておいた方が良いのか

「子供がいない」とか、「前婚の相手との間に子供がいる」とか、「内縁関係のパートナーに財産を残したい」などの事情がある方は、真剣に対策を考え遺言の準備をしている事と思います。 しかし特別な事情がない人にとって、遺言は不要不急なツールなのでしょうか? 相続財産の大半が不動産だと言うケースは、一般にかなり多いと思います。そのような状況の時こそ、遺言を作成しておくことが、後の争いの回避関して大変有効になり