• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

終活は必要なのか?

最終更新: 3月2日



「自分には果たして本当に、終活が必要なのだろうか?」

そうお考えになる方も、多いと思います。

そんな疑問にお答えするため、今回は「終活が何に役立つのか?」と言うことについて、ご一緒に考えてみましょう。



現在どんなにしっかりしていても、認知症や重篤な病のリスクが、将来襲ってこないとは限りません。或いは子供との関係が疎遠になったり、そもそも子供がいないなど、誰しも心配事の一つや二つは、直ぐに思い浮かぶのではないでしょうか。


人間には例外なく老いが訪れ、そして誰も死を逃れることはできません。

今は元気で溌剌と活動していても、毎年確実に年齢を重ねていきます。

老後などまだ先の事だと放っておくと、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があります。


将来に関して心配すべきは、認知力だけではありません。体力や気力も、年を追うごとに低下していきます。

体が元気で精神的にもしっかりしているうちであれば、自分らしい考えができるでしょう。しかし能力・体力・気力が低下したときに、現在同様の自分らしい判断や対応ができるでしょうか?


例えば、次のような状況を想像してみてください。


・意思が表せなくなっても自分らしく暮らしたい。

・家族に余計な心配をかけたくない

・自分の死後、ペットの世話は誰がやるのか?

・亡くなった時には、この人には必ず連絡して(or連絡しないで)欲しい。

・自分らしい葬儀をあげてもらいたい。

・PCやスマートフォンのデータや写真の処分はどうなるのだろうか?


介護や身の回りの事、葬儀、お墓、医療、ペットの世話、それにパソコンや携帯電話に残るデータの処理など、気がかりな事を数え上げればキリがありません。


そしてここで重要なことは、これらは遺言ではカバーしきれないと言う事です。

そのため、終活を通して「気がかりな事」についての整理をし、自分らしく安らかに終焉を迎える準備をする必要があるのです。


つまり過去の人生を振り返るとともに、今後の人生に見え隠れする不安を整理する。

現在の状況を踏まえ、「将来の課題を見つけ、その対策を立てる。」

これこそが、「終活」に他なりません。



そして、どうせ「終活」をやるなら、楽しみながらやってしまおう!

それが私からの提案です!!

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

相続税対策のあれこれ

直近のデータによると、相続税の申告者は全国で8%ほどです。 多くの方にとって、相続税は関係のない話ではあります。 しかし知識として知っておくことは、無駄ではありません。 今回は相続税対策の基本について、FPの立場から、簡単にご説明いたします。 相続税対策へ話を進める前に、「<争続>対策をぬかりなく」と申し上げておきます。 そのためには、遺言の作成を強力にお勧め致します。 遺言を作成し、ご自身の意思

自筆証書遺言の新しい利用法

今回の民法改正では、自筆証書遺言に関してポイントになる重要な改正がなされました。 次の2つが、それです。 ・自筆証書遺言の方式緩和(2019.01.13) ・自筆証書遺言保管制度(2020.07.10) それでは、一つずつ説明していきましょう。 ◎自筆証書遺言の方式緩和 遺言の形式については、民法に厳格に規定されており、その規定を逸脱する場合は無効になります。 従来の制度では、自筆証書遺言を作成す