• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

牡蠣を頂きました


昨年ご縁を頂いた広島の行政書士の先生から、思いがけずうれしいプレゼントが届きました。

広島産の殻付き牡蠣とむき身牡蠣のセットで、何と殻を開ける際の軍手とナイフも用意されています。

お聞きしたところによると、広島の牡蠣は1月が一番美味しいそうで、いわゆる旬なのだそうです。


英語圏では、牡蠣の美味しい季節は「er月」と言うようです。

英語の月名の最後に 'er'と付く、 つまり9月(September)から始まり12月(December)までの4ヵ月間の事を指します。

しかし広島の牡蠣は、年明けに旬を迎えます。

その新鮮な牡蠣を目の前にして、我慢できるはずがありません。


さっそく殻付きの方を、<焼き>で頂きました。







むき身はフライに!






こんなに新鮮で、大粒の牡蠣を食べたのは、何年ぶりでしょう?

大変美味しく頂きました。


感激と感謝で、お腹も心も大満足でした。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示