• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

熱海の賑わいを前に思ったこと



先週、熱海保健所で申請書の提出があり熱海に行き、帰りに駅前に寄ってきました。

熱海の駅前や商店街は原宿の竹下通りかと思う程、観光客でごった返していました。

熱海プリンには普通に行列ができ、駅ビルのラスカも買い物客で混雑していました。

Go To キャンペーンのおかげと思いますが、人出が戻ってきているような印象を受けます。



上の写真(うな正さん入口)は、今年の2月に熱海に行った時に写した写真です。

お伺いした時は、小さい店内にぎっしりお客さんが入っており、さらに2階の店舗に続く階段にも隙間なく行列ができていました。

当時はコロナが認知され始めたばかりで、今のような状況になるとは夢にも思いませんでした。





この時はうな重を頂き、それから昨年できた日帰り温泉施設 Fuua へ行って来ました。

うなぎは娘にごちそうになり、二重の意味で満足でした。

その時は Fuua も物凄い賑わいで、ごった返していました。


今思うと、とても遠い昔の事のようです。





現在どんな状況であるかは分かりませんが、街が賑わっていると言うことは、このような施設にも人が戻りつつある事とは思います。

しかしすっかり前に戻ったという訳ではなく、皆さん不安を抱え、手探りしながら息抜きをしている状況だろうと推測します。


気温が下がってきたためか、最近になって再びコロナの感染者も増えています。

更に気温が下がる年末年始の帰省シーズンを迎える頃に、どのような状況になっているのか心配で仕方ありません。


いつになったら、不安なく行き来できる日常が戻るのでしょうか?

その日が一日も早く戻ることを、願って止みません。



12回の閲覧