• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

桃の実が付きました



完全に梅雨に入り、大雨が続いています。

九州では雨による大きな被害も出ており、お気の毒な限りです。

報道等では「かつてない歴史的な雨量」という言葉を頻繁に耳にします。しかしその「歴史的な雨量」も、毎年更新されているように感じます。

地球規模で、気候が変動しているのでしょうか?

ここ数年の自然災害を見ていると、根本的な危機感を覚えます。



さて梅雨入りの少し手前頃でしたが、庭の桃に実が付きました。

自然環境の変化にも拘わらず、植物は自分のペースで成長のサイクルを歩んでいます。

こちらの桃は数年前に山梨のお土産で頂いた白桃の種を、食べ終わった後に植えて、種から育てたものです。

「桃栗3年、柿8年」と言われますが、この桃も種を植えてちょうど3年目から実を付け出しました。

まだ一度も食べる迄には育ったことがなく、いつも収穫前に木から落ちてしまいます。

今年は数も多く、今までになく育っているので期待をしたのですが、長雨の中、徐々に落ち始めました。

何とか1個でも、食べてみたいものです。





種を植えるのも楽しみですが、最近は挿し木にもチャレンジしています。

こちらの挿し木は、ローズマリーと薔薇と月下美人です。

無事育ってくれるでしょうか?

とても楽しみです。



この季節には、フェイジョアの花も咲きます。




オーストラリア原産のフトモモ科の植物で、こちらも実が付くはずですが、まだ一度もお目にかかったことはありません。

ただ花が不思議な形で、花を見るだけでも満足します。



6回の閲覧