• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

在宅ワーク




コロナウィルスの脅威が想像以上に拡大して、仕事や日常生活に甚大な影響を及ぼしてきています。

今週はいよいよ、日本政府による非常事態宣言が行われました。

この日を境に、空気が変わったような気がします。

私の事務所のある伊東市の感染者は今だゼロですが、私を含め感染防止に関する意識は、日増しに高くなっているように感じます。


3月中旬以降、仕事の予定もプライベートの計画も、次々延期や中止となっています。


そんな中、KDDI様が提供するwebマガジン「 TIME & SPACE 」の、記事監修の依頼を頂きました。

2年前に「デジタル遺品」関連の記事を監修しましたが、今回はその記事内容のブラッシュアップをしたいと言うご依頼でした。

ライター様とのやり取りは、メールとTELですので完全在宅ワークです。

外出や予定変更もなく、とても安心して仕事ができました。







( 「 TIME & SPACE by KDDI 」より、該当ページのスクリーンショットです。)




アドレス次の通りです。

是非ご参照ください!


https://time-space.kddi.com/it-technology/20180719/2386







行政書士へのご相談をお考えのお客様の中には、今般のコロナウィルスへの不安から、外に出たり対面での打ち合わせをご心配する方も多いと思います。


かねこ行政書士事務所では対面でのご相談以外でも、TEL・FAX・メール・LINEはもとより、Face Time ( iPhone ) や Skype でのご対応も可能です。

どうぞご安心して、ご相談ください。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

相続税対策のあれこれ

直近のデータによると、相続税の申告者は全国で8%ほどです。 多くの方にとって、相続税は関係のない話ではあります。 しかし知識として知っておくことは、無駄ではありません。 今回は相続税対策の基本について、FPの立場から、簡単にご説明いたします。 相続税対策へ話を進める前に、「<争続>対策をぬかりなく」と申し上げておきます。 そのためには、遺言の作成を強力にお勧め致します。 遺言を作成し、ご自身の意思

自筆証書遺言の新しい利用法

今回の民法改正では、自筆証書遺言に関してポイントになる重要な改正がなされました。 次の2つが、それです。 ・自筆証書遺言の方式緩和(2019.01.13) ・自筆証書遺言保管制度(2020.07.10) それでは、一つずつ説明していきましょう。 ◎自筆証書遺言の方式緩和 遺言の形式については、民法に厳格に規定されており、その規定を逸脱する場合は無効になります。 従来の制度では、自筆証書遺言を作成す