• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

在宅ワーク




コロナウィルスの脅威が想像以上に拡大して、仕事や日常生活に甚大な影響を及ぼしてきています。

今週はいよいよ、日本政府による非常事態宣言が行われました。

この日を境に、空気が変わったような気がします。

私の事務所のある伊東市の感染者は今だゼロですが、私を含め感染防止に関する意識は、日増しに高くなっているように感じます。


3月中旬以降、仕事の予定もプライベートの計画も、次々延期や中止となっています。


そんな中、KDDI様が提供するwebマガジン「 TIME & SPACE 」の、記事監修の依頼を頂きました。

2年前に「デジタル遺品」関連の記事を監修しましたが、今回はその記事内容のブラッシュアップをしたいと言うご依頼でした。

ライター様とのやり取りは、メールとTELですので完全在宅ワークです。

外出や予定変更もなく、とても安心して仕事ができました。







( 「 TIME & SPACE by KDDI 」より、該当ページのスクリーンショットです。)




アドレス次の通りです。

是非ご参照ください!


https://time-space.kddi.com/it-technology/20180719/2386







行政書士へのご相談をお考えのお客様の中には、今般のコロナウィルスへの不安から、外に出たり対面での打ち合わせをご心配する方も多いと思います。


かねこ行政書士事務所では対面でのご相談以外でも、TEL・FAX・メール・LINEはもとより、Face Time ( iPhone ) や Skype でのご対応も可能です。

どうぞご安心して、ご相談ください。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用

尊厳死宣言書を作る理由

「尊厳死宣言書」とは、どんな文書なのでしょうか? 完治する見込みのない病気などで、最期の瞬間が迫っているときなどに、過度な延命治療をせず自然な死を迎えたいという思いを、家族や医療関係者に伝えるための文書です。 法的拘束力はありませんが、例えば延命治療について自分と異なる意見を持つ家族がいる場合、公的な文書を残しておくことで明確な自分の思いを伝えることができます。 法的拘束力はないとは言え、本人の希