• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

介護について(~その2~)

最終更新: 6月24日

<高齢者向け施設>


高齢者施設とは、心身が衰えた高齢者が安心して暮らせるように、手すりの設置や段差の解消といったバリアフリーの設備や、見守りサービスが備えられている施設です。多くの施設では、食事の提供や家事、付き添いなどの生活支援サービスや介護サービスも提供されます。



(かねこ行政書士事務 作成)

 

このほかに、高齢者住宅として、「シルバーハウジング」「ケアハウス」「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」「住居型有料老人ホーム」があります。こちらはバリアフリー設備の住まいに加えて、見守りサービスと生活相談サービスが用意されています。 



高齢者施設の中で、特養は比較的費用が安く入居希望者も多いですが、入居には要介護3以上の認定が必要です。老健においても、医療の必要な人に入所が限定されているなど、高い入所基準が定められています。また、他の施設は料金やサービスに幅があります。そのため、どのような視点で施設を選ぶかが、大変重要になってきます。

選択のポイントとして、次の事項に注意しましょう。

 <立地条件> 住み慣れた地域か、家族や知人が来やすい地域か、外出しやすいかなど。

 <費用> 入居金の要不要と金額、毎月の利用料など。

 <入居条件> 将来の想定される不安をカバーできそうか。

 <権利> 終身利用可能か、契約者死亡後の配偶者の利用の可否など。

 <施設> 専用スペースに関する事、共用スペースに関する事。

 <医療体制> 施設内での医療体制、協力病院との連携など。

 <介護サービス> 外部の事業者か当該施設のスタッフか、費用は別か込みかなど。

 <食事等> 食事の費用、メニューの選択、入浴、洗濯、清掃など。

 <認知症> 認知症の受け入れ状況、リハビリの実施など。

 <運営法人> 経営状態、実績など。

初期費用の掛かる施設を選んだ場合など、自宅をはじめとする主要財産を処分して、入居する場合も多いと思います。それなのに運営法人の経営状態がおかしくなり、施設が存続不能になるような事態に陥ってしまっては、取り返しがつきません。

また施設を取り巻く経済状況の変化などから、入居費用の値上がりがあれば、当初の費用計画が狂ってきます。費用計画には、ある程度の余裕をもっておくことが、望ましいでしょう。

施設を選ぶにあたっては、自身の保有財産額を確認することはもちろんですが、多くの施設の情報を集め、候補を絞り、そのうえで実際に足を運んで見学や体験入所をして、雰囲気が合うかどうかを肌で感じることが大変重要になります。老後の生活を充実させるため、欠くことのできない確認事項です。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用

尊厳死宣言書を作る理由

「尊厳死宣言書」とは、どんな文書なのでしょうか? 完治する見込みのない病気などで、最期の瞬間が迫っているときなどに、過度な延命治療をせず自然な死を迎えたいという思いを、家族や医療関係者に伝えるための文書です。 法的拘束力はありませんが、例えば延命治療について自分と異なる意見を持つ家族がいる場合、公的な文書を残しておくことで明確な自分の思いを伝えることができます。 法的拘束力はないとは言え、本人の希

なぜ遺言を書いておいた方が良いのか

「子供がいない」とか、「前婚の相手との間に子供がいる」とか、「内縁関係のパートナーに財産を残したい」などの事情がある方は、真剣に対策を考え遺言の準備をしている事と思います。 しかし特別な事情がない人にとって、遺言は不要不急なツールなのでしょうか? 相続財産の大半が不動産だと言うケースは、一般にかなり多いと思います。そのような状況の時こそ、遺言を作成しておくことが、後の争いの回避関して大変有効になり