• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

介護について(~その2~)

最終更新: 6月24日

<高齢者向け施設>


高齢者施設とは、心身が衰えた高齢者が安心して暮らせるように、手すりの設置や段差の解消といったバリアフリーの設備や、見守りサービスが備えられている施設です。多くの施設では、食事の提供や家事、付き添いなどの生活支援サービスや介護サービスも提供されます。



(かねこ行政書士事務 作成)

 

このほかに、高齢者住宅として、「シルバーハウジング」「ケアハウス」「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」「住居型有料老人ホーム」があります。こちらはバリアフリー設備の住まいに加えて、見守りサービスと生活相談サービスが用意されています。 



高齢者施設の中で、特養は比較的費用が安く入居希望者も多いですが、入居には要介護3以上の認定が必要です。老健においても、医療の必要な人に入所が限定されているなど、高い入所基準が定められています。また、他の施設は料金やサービスに幅があります。そのため、どのような視点で施設を選ぶかが、大変重要になってきます。

選択のポイントとして、次の事項に注意しましょう。

 <立地条件> 住み慣れた地域か、家族や知人が来やすい地域か、外出しやすいかなど。

 <費用> 入居金の要不要と金額、毎月の利用料など。

 <入居条件> 将来の想定される不安をカバーできそうか。

 <権利> 終身利用可能か、契約者死亡後の配偶者の利用の可否など。

 <施設> 専用スペースに関する事、共用スペースに関する事。

 <医療体制> 施設内での医療体制、協力病院との連携など。

 <介護サービス> 外部の事業者か当該施設のスタッフか、費用は別か込みかなど。

 <食事等> 食事の費用、メニューの選択、入浴、洗濯、清掃など。

 <認知症> 認知症の受け入れ状況、リハビリの実施など。

 <運営法人> 経営状態、実績など。

初期費用の掛かる施設を選んだ場合など、自宅をはじめとする主要財産を処分して、入居する場合も多いと思います。それなのに運営法人の経営状態がおかしくなり、施設が存続不能になるような事態に陥ってしまっては、取り返しがつきません。

また施設を取り巻く経済状況の変化などから、入居費用の値上がりがあれば、当初の費用計画が狂ってきます。費用計画には、ある程度の余裕をもっておくことが、望ましいでしょう。

施設を選ぶにあたっては、自身の保有財産額を確認することはもちろんですが、多くの施設の情報を集め、候補を絞り、そのうえで実際に足を運んで見学や体験入所をして、雰囲気が合うかどうかを肌で感じることが大変重要になります。老後の生活を充実させるため、欠くことのできない確認事項です。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

相続税対策のあれこれ

直近のデータによると、相続税の申告者は全国で8%ほどです。 多くの方にとって、相続税は関係のない話ではあります。 しかし知識として知っておくことは、無駄ではありません。 今回は相続税対策の基本について、FPの立場から、簡単にご説明いたします。 相続税対策へ話を進める前に、「<争続>対策をぬかりなく」と申し上げておきます。 そのためには、遺言の作成を強力にお勧め致します。 遺言を作成し、ご自身の意思

自筆証書遺言の新しい利用法

今回の民法改正では、自筆証書遺言に関してポイントになる重要な改正がなされました。 次の2つが、それです。 ・自筆証書遺言の方式緩和(2019.01.13) ・自筆証書遺言保管制度(2020.07.10) それでは、一つずつ説明していきましょう。 ◎自筆証書遺言の方式緩和 遺言の形式については、民法に厳格に規定されており、その規定を逸脱する場合は無効になります。 従来の制度では、自筆証書遺言を作成す