• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

オリジナル・エンディングノートが完成しました




この度当事務所では、オリジナルのエンディングノートを作成いたしました。




かなり前から構想を練っておりましたが、集中的に時間を割けず、カメのような歩みでゆっくりと準備を進めてきました。


ああでもない、こうでもないと構成を考え、おおよそのコンテンツを落とし込み、レイアウトやページ割りを決めて、何とか形がまとまりました。

その後、PCで作成した原稿をプリントアウトして、現行の修正や校正を繰り返し、やっとの思いで原稿を完成させました。


完成した原稿をもとに見本刷を1冊作り、再度レイアウトの検討と校正を繰り返しました。

この校正作業が、当初の想像をはるかに超える難作業となりました。

まったく予想もしていませんでしたが、見る度に誤字・脱字・書き間違い等の修正箇所を発見します。

百回見直せば百回とも、修正箇所を見つけてしまうのではないかと疑心暗鬼になるくらい、見返す度に抜けが発見されます。


印刷会社に見本刷りを依頼する前に幾度も校正を行ったため、見本刷りではレイアウトの確認だけで済むだろうと、軽く考えていました。ところが、次々に修正箇所が目につきます。

そしてどうせ直すなら「ここの文言も変えよう」など、その都度欲も出てきます。

この見直し作業を、ほぼこの夏中繰り返しました。



このようなドタバタを繰り返して完成に漕ぎ着けただけに、愛着が湧きます。

シンプルで使い勝手の良いノートができたと、思わず自画自賛したくなります。


お客様に終活の最初の一歩を踏み出していただくため、今後はこのノートを有効に活用して、寄り添うサポートを徹底していければと思います。


気になる方は、当事務所までお問い合わせください。









最新記事

すべて表示

2人世帯に潜む不安

2人世帯に潜む不安、それは将来の単身世帯候補である事です。 高齢化社会を迎え、現代では単身世帯や夫婦だけの2人世帯が年々増えて来ています。 この傾向は都会に限らず、地方にあっても同様に増加傾向にあります。 また都会では近所付き合いも希薄になる傾向があり、周りに頼れる人間関係が構築できていないケーズも散見されます。 しかし一概に2人世帯と言っても、子供が近所に住んでいて別々に家を構えている場合であれ

荷物の整理

いきなりですが、「遺品整理」という言葉をお聞きになったことは、おありでしょうか? 「遺品整理」とは、ご本人がお亡くなりになったあと、後に残された遺品を整理・処分することです。 伊東市内にも遺品整理専門の業者さんがいて、依頼すれば家族が手を煩わすことなく、きれいに片づけてくれます。 しかし手が掛からないと言うことは、取りも直さず、料金も相応にかかるということに他なりません。 私も業者さんに依頼して、