• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

オリジナル・エンディングノートが完成しました




この度当事務所では、オリジナルのエンディングノートを作成いたしました。




かなり前から構想を練っておりましたが、集中的に時間を割けず、カメのような歩みでゆっくりと準備を進めてきました。


ああでもない、こうでもないと構成を考え、おおよそのコンテンツを落とし込み、レイアウトやページ割りを決めて、何とか形がまとまりました。

その後、PCで作成した原稿をプリントアウトして、現行の修正や校正を繰り返し、やっとの思いで原稿を完成させました。


完成した原稿をもとに見本刷を1冊作り、再度レイアウトの検討と校正を繰り返しました。

この校正作業が、当初の想像をはるかに超える難作業となりました。

まったく予想もしていませんでしたが、見る度に誤字・脱字・書き間違い等の修正箇所を発見します。

百回見直せば百回とも、修正箇所を見つけてしまうのではないかと疑心暗鬼になるくらい、見返す度に抜けが発見されます。


印刷会社に見本刷りを依頼する前に幾度も校正を行ったため、見本刷りではレイアウトの確認だけで済むだろうと、軽く考えていました。ところが、次々に修正箇所が目につきます。

そしてどうせ直すなら「ここの文言も変えよう」など、その都度欲も出てきます。

この見直し作業を、ほぼこの夏中繰り返しました。



このようなドタバタを繰り返して完成に漕ぎ着けただけに、愛着が湧きます。

シンプルで使い勝手の良いノートができたと、思わず自画自賛したくなります。


お客様に終活の最初の一歩を踏み出していただくため、今後はこのノートを有効に活用して、寄り添うサポートを徹底していければと思います。


気になる方は、当事務所までお問い合わせください。









最新記事

すべて表示

死後事務委任契約とは

子供や配偶者など自分の死後を託せる親族がいなければ、自分の死後の手続に関して、多少なりとも不安を感じるのは当然の事でしょう。 自分の葬儀、埋葬、そのほかの死後の後始末は、成年後見人や遺言執行者では対応ができません。 成年後見は、被後見人が死亡すれば契約が終了します。また遺言執行者は、遺言の内容を実現することだけしかできません。 つまり自分の死後の様々な面倒を見てもらうためには、死後事務の内容や費用

尊厳死宣言書を作る理由

「尊厳死宣言書」とは、どんな文書なのでしょうか? 完治する見込みのない病気などで、最期の瞬間が迫っているときなどに、過度な延命治療をせず自然な死を迎えたいという思いを、家族や医療関係者に伝えるための文書です。 法的拘束力はありませんが、例えば延命治療について自分と異なる意見を持つ家族がいる場合、公的な文書を残しておくことで明確な自分の思いを伝えることができます。 法的拘束力はないとは言え、本人の希

任意後見契約

任意後見は、①判断能力が低下する前に、②自分の意思で契約し、③自分で後見人を決めます。一方、法定後見は①判断能力が低下した後で、②家庭裁判所が判断し、③家庭裁判所が後見人を決定します。 つまり法定後見と任意後見の大きな違いは、①契約の時期、②契約判断の主体、③後見人選定の主体の3点です。 任意後見契約を結ぶと法務局に登記され、この登記があると「任意後見優先の原則」が働き、法定後見の審判を受ける事は