• 静岡県伊東市 かねこ行政書士事務所

「終活」まとめ(~その2~)

<再び「エンディングノート」のすすめ>






終活を進めるにあたっては、エンディングノートを活用することが有効です。

その理由としては、次の通りです。

・エンディングノートにまとめることにより、記録を一か所に集約して残すことができる。

・文章にする事により、客観的に振り返ることができる。

・エンディングノートの各項目を埋めていくことにより、考えの整理ができる。

・ノートの記述を目で追えるため、見直しや変更が容易にできる。

等があげられます。

もちろんここに挙げたのはほんの一例で、他にも様々な利点があります。

エンディングノートは葬儀社や、NPO、地域の社会福祉協議会などが、無料で配布している場合があり、そういうものを利用すれば敷居も低くなると思います。

他にも出版社等から、市販されているものもあります。

一般に有料で販売されているものの方が、ページ数が多い傾向があるようです。

しかし内容の充実度に惹かれページ数の多いものを選び、そのページ数の多さに圧倒されてしまい、書くことが億劫になっては元も子もありません。

あまり欲張らず最低限の項目から始め、時間をかけてじっくり、内容を積み上げていくのがよいと思います。

エンディングノートを書くと言う事は、今迄の人生の「振り返り」であり、ある意味<自分史>を書くと言う事に他なりません。

そういう意味でも、肩の力を抜いて楽しみながら書くのが良いと思います。

何よりも重要なのは、エンディングノートを作り上げることではなく、あなた自身が「終活」と言う一連の作業を楽しんで行うことです。

完璧にやろうと思うと辛くなります。できるところ、気が向くところから始めて、楽しみながら積み上げて行けば良いのです。

そうする事により、自分の人生を振り返り、今後の課題を認識するきっかけを手に入れ、これからの人生をより一層、輝かせてくれる原動力になるでしょう。

子供のころからの様々な思い出や、人生の重大局面での決断の数々など、書きだしたら切りがないかもしれません。

一つずつ丁寧に思い出しながら、自分史を綴る楽しみを味わうのも良いと思います。

エンディングノートには、法的な効力はありません。

しかし残された家族にご自身の思いを明確に示すという意味では、大変重要性があります。

どうか楽しみながら自分を振り返り、未来へ続く悔いのない自分史を綴ってみてください。



☆☆☆ 緊急告知 ☆☆☆


かねこ行政書士事務所ではオリジナルのエンディングノート、「わたしノート」を作成中です。 (2020年8月初旬には完成の予定)


ブログの読者様について、先着10名様に無料プレゼントいたします。

メール又は電話にて、ご応募ください。

最新記事

すべて表示

2人世帯に潜む不安

2人世帯に潜む不安、それは将来の単身世帯候補である事です。 高齢化社会を迎え、現代では単身世帯や夫婦だけの2人世帯が年々増えて来ています。 この傾向は都会に限らず、地方にあっても同様に増加傾向にあります。 また都会では近所付き合いも希薄になる傾向があり、周りに頼れる人間関係が構築できていないケーズも散見されます。 しかし一概に2人世帯と言っても、子供が近所に住んでいて別々に家を構えている場合であれ

荷物の整理

いきなりですが、「遺品整理」という言葉をお聞きになったことは、おありでしょうか? 「遺品整理」とは、ご本人がお亡くなりになったあと、後に残された遺品を整理・処分することです。 伊東市内にも遺品整理専門の業者さんがいて、依頼すれば家族が手を煩わすことなく、きれいに片づけてくれます。 しかし手が掛からないと言うことは、取りも直さず、料金も相応にかかるということに他なりません。 私も業者さんに依頼して、