July 5, 2018

民法においては、「相続は、死亡によって開始する。(882条)」と規定されています。

死亡した人を<被相続人>と呼び、相続を受ける人の事を<相続人>と呼びます。

死亡した本人が<被相続人>であることは一目瞭然ですが、それでは一方の<相続人>とは、被相続人とどのようなつながりを持つ人たちなのでしょうか?

民法886条から890条に、<相続人>についての規定があります。

被相続人の親族関係により様々なケースがありますが、「胎児(886)、子及びその代襲者等(887)、直系尊属及び兄弟姉妹(889)、配偶者(890)」が、相続人となり得ます。

そして...

Please reload

特集記事

風俗営業適正化法とは(風営法①)

December 6, 2018

1/10
Please reload

最新記事

December 20, 2019

December 14, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー