May 31, 2018

公正証書遺言については、民法969条1項から5項に厳格に規定されています。

簡単に内容を概観すると、次の通りです。

公証役場において、遺言者が遺言の内容を口頭で公証人に伝えます。(この行為を「口授」と言います。)

次に公証人が、その内容を筆記します。

筆記が済むと今度は、公証人が筆記した遺言を遺言者及び、証人(2名以上)に読み聞かせ、又は閲覧させ、遺言者及び証人が筆記が正確であることを承認し、各自これに署名、押印します。

最後に公証人が、その証書が定められた方式に従って作成された旨を付記して、署名押印して完成となります。

民法の定めはこのように...

May 30, 2018

同期登録者の有志が参加する、2回目の同期勉強会が、静岡シズウェルにて行われました。

同じ時期に開業した同士で、忌憚なく情報交換ができ、気づきも多く、とても有意義な会であると自負しております。

知識の獲得のみならず、悩みや迷いも共有でき、一服の清涼剤のような安心感も与えてくれるこの会、そしてメンバーの先生方に、大きな感謝を抱いております。

May 29, 2018

デジタル遺品という言葉を、お聞きになったことがあるでしょうか?

PCに保存されたデータや、SNSの個人アカウントのデータや情報、またネット銀行やネット証券の口座など、デジタル機器に関するデータ全般を指します。

私も取扱業務の中に、デジタル遺品(資産)の管理をうたっております。

昔PCの面白さに夢中だったころ、技術評論社の本を良く読んだものです。

その頃の熱気を思い出しながら、この本を手に取りました。

内容は技術評論社の本らしく、ロジカルな構成になっています。

デジタル遺品について多方向から記述があり、自身のデジタル遺品管理についての問題提起には...

May 28, 2018

有斐閣の判例六法が、私の愛用の本です。

遺言・相続など民亊法務を扱うときは、条文に立ち返る事が大事になります。

そんな時に使いやすく、信頼できるのが、この本です。

主に使うのは民法ですが、主要判例が条文とともに載っていて、見やすく重宝しております。

May 28, 2018

<自筆証書遺言>

自筆証書遺言については、民法968条に定めがあります。

第1項では形式面の規定(全文、日付、氏名の自書及び、押印)が定められ、第2項には加除訂正に関する規定が定められています。

自筆遺言証書は、自分一人で作成し、完結させることが可能です。

その為公証人等への費用が発生することもなく、経済的と言えば経済的ではあります。

そして一人で作成できるので、遺言の内容やその存在を、誰にも秘密にしておけます。

このような事が、自筆遺言証書のメリットと言えるでしょう。

一方デメリットとしては、次の事があげられるでしょう。

せっかく用意した遺言であ...

May 27, 2018

毎週テニスを一緒にやっている知人が出演した、伊豆フィルのコンサートに出かけました。

普段はなかなか生の演奏を聴く機会もなく、このような催しはとても貴重です。

非日常の世界に浸り、2時間たっぷりと、優雅な調べを堪能してまいりました。

May 26, 2018

事務所の庭には、梅の木が2本あります。

毎年花を楽しむだけだったので、今年は実を有効活用しようと思い立ち、梅酒作りにチャレンジしました。

採取した梅の実は、小梅と南高梅です。

写真にはほかにユスラウメも映っていますが、これはもちろん使いません。

南高梅だけで作りたかったのですが、数が足らないので、小梅もブレンドしました。

来年が楽しみです‼