April 24, 2018

成年後見制度の概要について、今迄4回に渡って簡潔に説明してきました。

今回は結びの回として、平成29年3月に閣議決定された「成年後見制度利用促進基本計画」にフォーカスして、成年後見制度の今後の流れ・方向性について見ていきたいと思います。

成年後見制度は平成12年4月に施行されましたが、日本の利用者数は欧米に比べて、かなり少数に留まっています。

最高裁判所の資料によると、平成28年の成年後見制度の利用者数は20万人強です。

他の先進国における成年後見制度の利用者は多く、例えばドイツでの後見制度利用者は270万人と言われていますので、他国に比べ...

April 18, 2018

今回は後見の手続きについて、東京家庭裁判所の「成年後見申立の手引」を参考にして、申立から後見開始までの流れを確認します。

①申立までの流れ

まずは申立をする裁判所ですが、本人の住所地(住民登録地)を管轄する家庭裁判所となります。

申立ができるのは、本人、配偶者、4親等内の親族、成年後見人等、任意後見人、成年後見監督人等、市区町村長、検察官になります。

申立準備としては、次の流れとなります。

 1.必要書類を集める

 2.申立書類の作成

 3.申立書類の提出

また「必要書類」の内容は、次の通りです。

 (1)申立書類(申立書、申立事情説明書、親族関係図...

April 13, 2018

4月13日(金)15時より、長岡のホテルサンバレー冨士見にて、静岡県行政書士会 伊豆支部の平成30年度総会が行われました。

伊豆支部は昨年度に旧支部構成を再編し、新設されました。

熱海市、伊豆の国市、伊豆市、伊東市の行政書士が所属しています。

総勢48名で、比較的小所帯の支部だと思います。

昨年設立総会を行ってから丸1年が経ち、伊豆支部としては今回が2回目の総会となりました。

議題に沿って粛々と議事が進行し、つつがなく終了しました。

会社員の頃は、大小さまざまな会議がルーティンで予定されていました。

しかし行政書士になってから、今のところ私の場合...

April 5, 2018

①法定後見と任意後見の違い

法定後見は「判断能力が低下した後」で、「家庭裁判所が判断」し、「家庭裁判所が後見人を決定」します。

一方、任意後見は、「判断能力が低下する前」に、「自分の意思で契約」し、「自分で後見人を決め」ます。

これが、両者の大きな違いです。

また更に後見開始後も、任意後見では(法定後見と違い)資格のはく奪や権利の制限がありません。

法定後見の方は前回も書いた通り、現状180余りの欠格条項があり、多くの士業、公務員、医師、教員、会社役員などになる事(続ける事)ができません。

2018年1月10日付の日経新聞には、成年後見制度の利...

April 3, 2018

①後見の種類

広義の後見制度には、「未成年後見」と「成年後見」の2種類があります。

「未成年後見」とは、親権を行う者がいない場合、若しくは親権を行う者が管理権を有しない場合に、その未成年者の法定代理を行う制度の事です。

一方「成年後見」とは、「ある人の判断能力が精神上の障害により不十分な場合(認知症高齢者、知的障害者、精神障害者)に、その人を法律的に保護し、支えるための制度です。

(成年後見の定義について、東京家庭裁判所立川支部「成年後見申立の手引」より)

「成年後見」に関しては、更に「法定後見(法律による後見)」と「任意後見(契約により後見...

April 2, 2018

静岡県行政書士会の同期登録者にて、自主的に勉強会を始めることとなりました。

沼津支部の先生方を中心に、現在のところ9名参加しております。

記念すべき第1回目は、3月28日に沼津市の大手町会館にて開催jとなりました。

同じようなキャリアの先生方との集まりは、肩ひじ張らない本音の話ができる気安さがあります。

開業後の悩みや困り事、その解決策など、何でも気軽に話せそうです。

そんな意味での、安心感があります。

また逆に自分と比べた時の、走るスピードの違いなども見え、良い意味での刺激を受ける事もできました。

行政書士会主催の勉強会などでは、人数も多く、質...

Please reload

特集記事

風俗営業適正化法とは(風営法①)

December 6, 2018

1/10
Please reload

最新記事